Now Loading...

COLUMN

  • 「最速で愛されるための方法は、私は愛される価値があるという自己肯定感」

    自分を肯定する。 言葉では簡単に言えたとしても、なかなか実行するのは難しい… 私には、他人と比較して特別秀でていることなんてないから。 そんな悩みを抱えている方の相談を、たくさん伺います。 けれど、自分を肯定するということは、とても簡単なことです。 その理由は、自分を肯定することは他人との比...

  • 「ありのままのあなたで、愛され、大切にされるための心理レッスン」

    ありのままの自分で愛されたい。 そう願うことは、とても素晴らしいこと。 ただ、「愛されるための法則」の中には、自分の状態を無理にねじ曲げて、「できないことをできるようにしましょう」「こうするのが良い女」「自分を愛さなければ他人からも愛されない」というロジックがあることも事実です。 そのため、そ...

  • あなたは絶対悪くない。繊細で優しいあなたが、傷つかずに自分を守る方法」

    誰かに攻撃されたとき、優しい人ほど「私が悪いの?」と思いがちです。 その理由は、優しく、人の気持ちがわかるからこそ、まずは相手の気持ちに立ってみて考える癖がついているからです。 けれど、優しいあなたとは裏腹に、攻撃してくる人は、「あなたが悪いから」ではなく、「あなたが悪くないから」攻撃してくるこ...

  • 「優しい人ほど、幸せに遠慮していませんか?親が不幸だと、無意識にそれ以上幸せにならないメンタルブロック」

    私たちの心には、自分でも気づかない「メンタルブロック」と呼ばれる心の制限=ストッパーがかかっていることが少なくありません。 その中の一つが、「親よりも幸せにならない」というストッパーです。 これは、自分でも意識できないところにある潜在意識が、「親よりも幸せにならないことで、自分が罪悪感を感じるこ...

  • いい加減、じゃない。いい加減、でいい。

    「私には何もない」と思ってしまう人ほど、完璧主義の心理的な罠にハマっています。 完璧であろうとするからこそ、気軽にやりたいことを始められなかったり 完璧でなければならないと思うからこそ、すぐに辞めてしまったり。 けれど、そんなふうに自分を縛らなくていいのです。 ほんの少しでも、 できるだけで...

  • 「あなたは誤解していませんか?男性が惹かれる明るい女性の本当の条件とは」

    「男性は明るい女性が好き」。 そう言われると、 「いつも明るくなければならないの?」 「いつも何も悩みがないように振舞わなければならないの?」 「話し上手じゃなきゃ愛されないの?」 「社交的じゃなきゃ、恋もできないの?」 「トラウマがあると嫌われちゃうの?」 と、「明るくない自分」に後ろめたさ...

  • 「あなたを下げたい、マウンティングしてくる人からは、自尊心を持って自衛する」

    すべての人が、あなたと同じように優しく、公平な人ばかりではありません。 残念ながら、とても意地悪な視点で人と接したり、あえて他人を下げようとマウンティングしてくる人もいるのが事実です。 だからこそ、マウンティングしてくる人には対抗せず、ただ、離れるということを選択しましょう。 相手はあなたに喧...

  • 「不幸な恋愛サイクルから抜けて、幸せな恋愛を始めるための5つの自尊心ルール」

    1.選ばれようとするより、 「私が選ぶ」 2.世間のモテに合わせるより、 「私らしく生きる」 3.愛されることを待つより、 「私が愛せる人を見つける」 4.私はダメだから変わらなきゃ、より 「ダメな私も愛されていい」 5.私が変わらないと、より 「私を取り巻く環境を変える」...

  • 「愛情深い、優しい人がハマる犠牲的な愛の罠。無神経な周囲から自分を守る方法」

    愛情深い、優しい人ほど、「一方通行の愛が、当たり前」になっていることが少なくありません。 愛が深いからこそ、「見返りを求めずに、つい、与えてしまう」 そもそも優しいからこそ、「相手がどんな人であれ、心配したり、やってあげてしまう」 犠牲になるということは、あなたの落ち度ではなく、「愛情深く優しい...

  • 「嫉妬は幸せのチャンス!嫉妬感情を上手に使って、幸せな人生へと変える方法」

    「嫉妬」は、誰もが嫌う感情です。 思わず嫉妬してしまって、うまくコントロールなんてできないし 嫉妬しないように心がけても、つい感情が溢れ出してきてしまう。 さらに嫉妬してしまった後に、 「私って心が狭い人間なんだな…」と自己嫌悪して 自分を責めて、自己価値まで下げてしまう…。 けれど、「嫉妬」...